奈良の心療内科・精神科「JR奈良駅前こころのクリニック」。うつ病、不眠相談、認知症サポート、ストレス障害、不安障害、強迫性障害、パニック障害、患者様が健やかさを取り戻せるようお手伝いをさせていただきます。

強迫症および関連症群

強迫症および関連症群

強迫症(強迫性障害)は、これまで不安障害のグループに含まれていました。
しかし、最新の精神疾患の分類であるDSM-5では、新たに「強迫症および関連症群」というグループが設けられ、その中の一疾患として属するようになりました。
これまでの精神医学の研究や調査などにより、このグループを独立して設けた方がいいだろうとの結果からです。

何かへの没頭や習慣は、その文化で標準的と考えられる程度というのがあると思います。
しかしこのグループに属する疾患では、その過剰さや適切な範囲が標準を超えてしまっているといえます。

どんな疾患がある?

このグループには以下のような疾患が含まれます。
・強迫症(強迫性障害)
・醜形恐怖症
・ためこみ症
・抜毛症
・皮膚むしり症 など

強迫症(強迫性障害)は、「わかっちゃいるけどやめられない」考えや行為で苦しんでしまう疾患をいいます。
「もう確認したとわかっているけど、戸締りしたか心配」などと考え、何度も戸締りを確認してしまうなどの症状がみられます。

醜形恐怖症では、他人にはわからないような外見上の欠点へ強くとらわれたり、自分の容姿について過剰に心配したりすることから、何度も鏡を確認したり、容姿を他者と比較する行為を繰り返すなどするものです。

ためこみ症は、ものを貯めておきたいと強くのぞみ、それを捨てることが非常に苦痛であるため、価値の有る無しに関わらずものを捨てられなくなるものです。
抜毛症は、くりかえし毛を抜き、それをなんとかやめようと試みるものです。
また皮膚むしり症は、皮膚をむしってしまうものの、それをなんとかやめようと試みます。
これらの行為の前に不安が先行することがあったり、逆に行為をした時に満足感や安心感を感じることもあります。

それぞれについて、別立てで説明していきたいと思います。

こころの疾患マメ知識一覧に戻る

クリニック情報
Clinic Information

診療時間 Time Table

診療時間
 9:30~13:00
15:00~19:00

◎…9:00~13:00

休診日水曜、土曜午後、日曜、祝日

アクセス・地図 Access

〒630-8122
奈良県奈良市三条本町2-20
マツダオフィスビル1階

JR線「奈良」駅より 徒歩約2分

お気軽にお問い合わせください

0742−27−6688

◎駐車場1台完備(ビル入口横)
◎提携コインパーキングあり
※奈交モータープールJR奈良
※NSパーク
※受付で駐車券をご提示ください。

PAGETOP
Copyright © 2019 JR奈良駅前こころのクリニック All Rights Reserved.