こんばんは、院長の松田です。花粉症に悩まされており、患者さんから「目が赤いですよ」と気づかれてしまいました。かゆいのとしょぼしょぼするのをこらえながらですが、診察はいつも通り丁寧にしていきたいと思います。

いきなりですが、みなさんは日頃から雑誌を読まれますか? 好きな雑誌を定期的に購読されている方もいらっしゃるでしょうか。私は特に雑誌を好んで読むことはなかったのですが、服装に無頓着だったのを見かねてか、ある男性向けファッション誌をお店の方に勧められたことがあります。世の中の男性はこんな風にオシャレに気を使っているのかと感心したものですが、数ヶ月でやめてしまいました。興味がないものはなかなか続けるのが難しいですね。

そんな私ですが、昔から時々手にしていた雑誌があります。奈良のタウン情報誌「ぱーぷる」です。クリニックの書棚にも毎月置いてあり、お待ちの患者さんが手にされていることもありました。奈良のさまざまな情報が本当に細かいところまで載っていて、奈良県民だけれども知らなかった!ということが盛りだくさん。馴染みのある雑誌でした。そのぱーぷるが、2019年3-4月号をもって休刊になりました。今後はWebでの配信を継続されるそうで、雑誌としては最終回となります。クリニックでも大変お世話になった雑誌ですので、びっくりするとともになんだかさみしいです。でも、誰でもスマホをもって情報はネット経由で得られる世の中になり、必然的な流れなのかもしれないですね。

クリニックにはお読みいただける雑誌や図書をいくつか置いています。残念ながらぱーぷるは今回で最後になりますので、その次の雑誌を検討していきます。お待ちの時間に置いている図書や雑誌を読んで、「自分にも当てはまるかも」などと気になって、診察時に質問される方もおられます。このことも考慮して、みなさんの役に立てるようなものをチョイスしたいと思っています。しばらくお待ちください。

それでは今回はこれで。