こんにちは、院長の松田です。まもなく7月も終わりですね。夏バテせずにお過ごしでしょうか。

前回までの自己紹介に続いて、今回は当クリニックを紹介したいと思います。

JR奈良駅前こころのクリニックは、医師1名、看護師1名、相談員1名、事務4名という体制で診療しております。HPの院内紹介ページに写真がありますが、白を基調に床を木目にして、こころを落ちつけられる空間を目指しました。あえてTVは置かず、癒しの音楽を流しております。

診療は予約制としておりますので、最初にお話するのは多くがお電話を頂いたときになりますね。心療内科・精神科への受診は、昔に比べるとハードルは低くなったとはいえ、それでもかなり勇気が必要だったと言われる方も多いです。最初のお電話でその不安を少しでも取り除けるよう、事務スタッフが対応いたします。肩の力を抜いてご連絡いただければと思います。

ところで、相談員ってなに?と思われる方もいらっしゃいますよね。内科などではほとんど見かけませんが、当クリニックでは看護師とともに問診などを担当してもらっています。心療内科や精神科は、適切な診療のために患者さんの過去から現在まで、たくさんの情報をいただく必要があります。そのために、やや細かい問診票の記載をお願いするとともに、診察前に看護師と相談員から直接問診をさせていただいております。ご負担をおかけするかもしれないのですが、適切な診断と治療に早く結び付けるために、ご協力をお願いします。

当クリニックではプライバシーに配慮するため、受付からお帰りまで番号札を用いて対応しています。また、来院された方同士が極力視線を合わさずに過ごせるよう、座席をレイアウトしております。もちろん、個人情報保護には十分に気を使っておりますのでご安心ください。

クリニックは治療の場ですが、診察以外にも滞在される時間があります。その時間でかえって疲れたり不安を感じるようでは、治療効果も減じてしまいます。むしろ治療に来てよかったと満足して帰っていただけるよう、居心地の良い環境作りをスタッフ一同、心がけています。

緑豊かな木にハートを添えたロゴマークは、そんな環境と診療を目指した当クリニックのシンボルです。『こころのとまり木』としてお役に立てるよう、スタッフ一同励んでいきます。よろしくお願いします。